Ankerの高品質ポータブルスピーカー『SoundCore Boost』レビュー

スポンサードリンク

省スペースで普段使いできる+持ち歩けるスピーカー欲しくて探したら、Ankerのポータブルスピーカーの上位(?)モデルが出てたので買ってみた。

ので雑感をつらつら書いてみる。

▼ 詳しいスペックはAmazonでどうぞ

ここから。

音を聴いてまずクリアさに驚いた。他のBluetoothスピーカーたくさん使ってるわけじゃ無いけどノイズはかなり少ない方だと思う。

目玉機能である低音のブーストは違いをはっきりと実感できる。色んなジャンル聴くので1ボタンで切り替えられるのも嬉しい。ブースト時の音はSONYのXBシリーズっぽく感じた。低音強調だから当然っちゃ当然だけど。

音量はデュアルドライバー+2つのサブウーファーを搭載の20Wだけあってパワフル。音質含めてオーケストラもそこそこ聴けそう。置く位置とか工夫すればかなりいいんじゃないかな。

「音を浴びたいモード」の時には不満足だろうけど、思ってたより全然アリかな。6999円でこれってかなりコスパいいのでは?

ラグはかなり少ないと思う。もちろん音ゲーやるのはムズイけど、動画視聴とか音楽聴く分には違和感はあまり無い。ものによっては気になるかも、ってレベル。

デザイン

全体的にシックで上品。派手さはないけどどこに置いても違和感ない感じ。

「電源ボタン長押しでペアリング」とか「再生ボタン2回で次」など操作は簡単。多分こういう製品買ってる人にとっては学習済みのおなじみな操作なので迷うことなく使えると思う。

ほか、携帯性など

重量は585g。重くは無いけど持った時のずっしり感はある。

防水はIPX5。もし濡れても大丈夫なのは持ち歩く際にかなり安心感が違う。でも濡れると拭くのがめんどい(特に布部分)んで風呂ではちょい気を使ってる。

モバイルバッテリーにもなるし、普段使い+持ち歩きには丁度いいスピーカーだと思う。オススメ!

普段使いとして考えるなら、最近流行してるっぽい2台使ってステレオ再生にする機能が欲しくなるところなんだけど、そうなるとコスパ悪くなるしやっぱ今くらいのスペックがちょうどいいのかなー。

あき(akio6o6)

穏健派ネットジャンキー。「Twitter」と「はてブ」がわりとアクティブ。Pentatonix・プレーンテキスト・WorkFlowy・情報カード・Monument Valley が好き。ポータルサイトはこちら

アキメモ とは

その時々興味のあることを書いているブログ。ネット・アプリ・Webサービス関連が多め?ほぼ毎晩_古き良き_羅列型個人ニュースサイト風の記事も投稿中。