Scrapboxは「インターネット的」な情報管理ツールである

スポンサードリンク

糸井重里さんは『インターネット的』の中で、

「リンク・シェア・フラット」という3つの要素を核にしたモノ・コトは「インターネット的」である

と書いている。(だいぶ端折った)

んで、最近ハマってる Scrapbox はこの3つの要素を見事に満たしている、と気づいた。

  • 「リンク」によるページ間の有機的なつながり
  • 複数人で同時編集できて、全世界にも公開できる「シェア」の仕組み
  • 偉いページがない「フラット」な世界

他の情報管理ツールでも頑張れば3つの要素を満たせるけど、頑張らないと満たせない。

それが Scrapbox なら使っていれば自然に「インターネット的」な使い方になる。すごい。


3つの要素のうち、リンクとシェアは「機能を付けたからそういう使い方になる」と説明できるんだけど、フラットに関しては「機能を付けなかったからそういう使い方になる」要素だ。

おそらく人間が物を整理する時には(よほど意識しない限り)階層構造になってしまうのが自然なんだけど、Scrapbox は階層管理ができないために、何も考えずに使ってもフラットな構造になる。(プロジェクトとやたらめったら作っていたらその限りではないが)

そもそも Scrapbox 自体がフラットに情報を整理するために作られたサービスだから当然なんだけど、そこ(階層構造の欠陥)に気づいて、自ずとフラットに整理できるツールを作ったところがすごい。まさにコロンブスの卵。

参考:


連載読むと分かるけど「インターネット的」な情報管理ツールを作った結果 Scrapbox が誕生したと言ってもいいくらい思想的には近いものがある。Scrapbox が「インターネット的」になるのは道理だ。

インターネット的 (PHP文庫)
糸井 重里
PHP研究所 (2014-11-06)
売り上げランキング: 14,087
あき(akio6o6)

穏健派ネットジャンキー。「Twitter」と「はてブ」がわりとアクティブ。Pentatonix・プレーンテキスト・WorkFlowy・情報カード・Monument Valley が好き。ポータルサイトはこちら

アキメモ とは

その時々興味のあることを書いているブログ。ネット・アプリ・Webサービス関連が多め?ほぼ毎晩_古き良き_羅列型個人ニュースサイト風の記事も投稿中。