Jekyll Now で GitHub Pages にブログ作った

スポンサードリンク

GitHub Pages + Jekyll の環境を簡単に生成できるサービス「Jekyll Now」を使ってブログを作ってみた。

Jekyll Now?

参考 : クリック1発で、Github上にブログを無料で作成できる「Jekyll Now」が超絶便利! | APPGIGA!!(アプギガ)

Repository から Fork するだけでサイトが作れるのでGitやらRubyに馴染みが薄くても簡単。

更新するだけならMarkDownだけで済むので管理のストレスが非常に少ないっぽい。

しかもHTMLの構造なんかもいじろうと思えばいじれるという柔軟さもある。広告やレイアウトによる制限が無いのもよい。

開設後にやったこと

ざっと並べてみる。

  • 名前を決める
  • MarkDownがどう表示されるかテスト
  • タグまわりの設定
  • アーカイブページ作成
  • シェアボタン作成
    • はてブとツイッターは公式のやつだけど、facebook のはサイズが上手いこと調節できなかったので自作。
  • ヘッダーや記事内の細かいデザイン
  • Pagenation設定
  • ファビコン作成
  • アドセンス、アフィリエイトの申請

こんな感じ。

まだまだやりたいことはあるんだけど、それはまたコンテンツが増えてきてから。。

あき(akio6o6)

穏健派ネットジャンキー。「Twitter」と「はてブ」がわりとアクティブ。Pentatonix・プレーンテキスト・WorkFlowy・情報カード・Monument Valley が好き。ポータルサイトはこちら

アキメモ とは

その時々興味のあることを書いているブログ。ネット・アプリ・Webサービス関連が多め?ほぼ毎晩_古き良き_羅列型個人ニュースサイト風の記事も投稿中。